山鹿城

ここからは、家系図とは直接関係のないコーナーです。興味のある方のみお立ち寄り下さい!

ここでは、家系調査の途中に立ち寄った各地の「城址」のことについて、少しづつ写真とともに書き込んでいきたいと思います。
家系調査の対象地の関係上、どうしても北部九州・山口中心に展開してしまいますが、ちょっとだけでも立ち寄って頂けたら嬉しいです。


「山鹿城」(福岡県遠賀郡芦屋町山鹿)
山鹿氏の居城

CIMG2126.JPG

CIMG2130.JPG

山鹿城は、天慶年間(938〜947)に鎮西奉行となった俵藤太秀郷の弟藤原藤次によって築城されたとされる歴史の古い城です。この藤次は山鹿氏を名乗り、以後山鹿氏の居城となりました。

寿永2年(1183)、時の城主山鹿兵藤次秀遠は、源氏に大宰府をも追われた安徳天皇や平家一門をこの山鹿城に迎えました。

壇の浦では、強力な山鹿水軍が平氏の戦力の主力となって戦いましたが、敗れた平氏と運命をともにし、領地も城も没収され滅亡してしまいました。

滅亡した山鹿氏に替わり関東の有力御家人である宇都宮左衛門尉家政が山鹿城を居城とし、山鹿姓を名乗りました。その後、麻生と姓を改めました。これが山鹿麻生氏の起こりです。

以後、山鹿麻生氏の本城として栄え、天正年間(1573〜92)に秀吉の命により筑後(福岡県南部)に国替えとなり、廃城となりました。

CIMG2131.JPG
(現在の二の丸跡)
現在の城址は、このような城山公園となっています。

CIMG2133.JPG
(本丸から玄界灘を望む)
昔は玄海灘に接し、「海賊城」との異名を取るように、いつでも波荒い海に出撃できるようになっていました。(曇り空で肝心の海が見えませんが・・・)