とりあえず家系図に

除籍謄本を取れるところまで取り寄せ終わったら、まずは謄本に書かれた内容をまとめて家系図を作成してみましょう。

現在の戸籍は、”親と未婚の子”だけで編成されていますが、昔の戸籍は分家をしない限り、戸主夫婦とその子供だけではなく、戸主の父母や兄弟姉妹やそれらの配偶者・子供など、さらには叔父・叔母などの記載もあって、かなり複雑です。しかも毛筆による手書きですので、書いた人によっては非常に読み辛く、それで泣かされることも少なくありません。

名前や親子関係などの続柄を間違わないように、しっかりと読み取りましょう。 生没年や婚姻・入籍年なども一緒に書き込みます。 除籍謄本の調査は「基礎の基礎」とはいえ、それだけの内容をまとめた家系図でも、完成したものを見るとなかなかのものです。

ここまでの範囲の家系図でも、今後の調査を進めるにあったて役に立つことが多いのです。

例えば、菩提寺や現地の同姓の家などへの聞き取り調査を行う場合でも、これを持参することで”熱意”を認めてもらえて、協力を頂けることもあります。

ちなみに、下の写真は除籍謄本で判明した範囲内をワードで作ったものですが、これだけでも喜んで頂けたりもします。参考にされて下さい。
1.png