黒崎城

「黒崎城」(北九州市八幡西区)
筑前六端城のひとつ

黒崎井筒屋(昔は黒崎そごうでした)の北側に城山(道伯山)と呼ばれる小高い山があります。
ここが、福岡藩六端城の一つ、黒崎城のあった山です。築城した井上周防之房(道伯)の名を取り、道伯山とも呼ばれています。

CIMG2495.jpg


この城は、慶長5年(1600)の関が原の戦いの功で、筑前52万石に入部した黒田長政の武将「井上周防之房」によって築城されました。

しかし、元和元年(1615)の「一国一城令」により、わずか10数年で破却された”幻の城”です。

CIMG2496.jpg

「本丸跡に建てられた黒崎城址の石碑」


CIMG2500.jpg

頂上はこのように自然公園になっています。


CIMG2494.jpg

ところどころに残る石垣の跡


CIMG2497.jpg

本丸跡から見下ろす。洞海湾やそれを取り巻く工場群が見えます。この日は、ちょっと曇っていたので、写真映りがよくないですね。