旧土地台帳の調査

法務局で保管されている旧土地台帳も貴重な情報源です。

旧土地台帳とは、明治22年頃から昭和12年頃までに利用された、土地の所有者を登録するための台帳です。
最も古い台帳に記載されている方は、明治20年代初期の土地の所有者=その家の当主だった訳ですから、一般的に考えて幕末頃に生まれた人ということになるでしょう。

除籍謄本の保存期間の関係で、年々除籍謄本から得られる情報が少なくなってきています。場合によれば、旧土地台帳で除籍謄本に記載された方より前の時代のご先祖が分かることもあります。

閲覧は無料ですし、お願いすれば分厚い台帳そのものを持ってきてくれますので、該当する地番以外の土地の権利関係も確認することができます。ご先祖が、どのくらいの土地を所有していたかも分かりますので、同じ村の他の家の土地所有状況と比較することにより、当時の村内での立場や経済状況などをある程度推測することも可能かと思います。

また、周辺に同姓の家があるような場合、ついでにその土地の台帳も覗いてみると思い掛けない発見をすることもあるのです。

見たい土地が遠方の場合は、その土地を管轄する法務局に郵便で請求することもできます。
有り難いことに、複写についても手数料は掛かりません。

なお、ご先祖が土地を所有していなかったという場合は、この方法が生かされないのは勿論のことです。

※最近は、この旧土地台帳は行政文書であるため、”合理的な理由”がなければ交付出来ないという法務局が出てきました。そして、過去を辿るということは、この合理的な理由にはならないようです。なかなか面倒な時代になってきました。
CIMG3432.JPG