神社での調査

神社での調査というのは、神道の家以外では、直接的に系図調査に役立つとは言い難いのですが、ご先祖が確かにその地に住んでいたという確認やその地における社会的・経済的立場を推測する上で役立ちます。

除籍謄本では、明治の頃にはこの辺に住んでいたということは分かりますが、はたして幕末以前にもそうだったのかという確信は持てません。
そこで、最も古い除籍謄本に記載されている本籍地周辺の神社を廻ってみます。

神社には各所に村人の名前が見受けられます。寄進碑や絵馬・寄付一覧等に自分のご先祖の名前を見つけ出せれば、確かにその時代にご先祖がそこに住んでいたという証になりますし、その地域での立場のようなものも推測できます。

CIMG1671.JPG

系図調査といっても、単に名前だけ調べても面白みに欠けます。神社では、ちょっとした想像を引き立てる材料が見つかるかも知れません。