はじめに

昔からの集落に行くと、同じ苗字の家が集中している風景に出くわすことが多い。皆さんにも経験があることと思いますが、ある地域に行くと、やたらと田中さんばかりだっとか、佐藤さんばかりだったということがありますよね。

ご先祖を探すという仕事の関係上、特に私の場合は、同じ苗字の家ばかりの地域の場合、どの家が該当する家なのかと悩まされることが多いのです。

そのうち、だんだんとそれらの苗字に興味を持つようになりまして、それぞれの地域の苗字の由来について調べるようになりました。

私の住む北九州市周辺は、場所柄か平家の落人にちなんだ苗字が多いのが特色ですが、これから調べたことを徐々に書き込んでいこうと思って、このコーナーを設けました。

まずは、福岡県内だけですが、よろしくお付き合い下さい。

なお、今後の記述事項に誤りや私の勝手な思い込み等がございましたら、ご指摘頂ければ幸いです。

北九州市若松区

若松区の西部(芦屋町側)、二島から北海岸の脇田を結ぶ道の周辺を歩くと天野姓を多く見かけます。

源平の頃、安屋地区に「楽丸城」という城があり、その城主が天野兵内茂澄という人でした。この天野氏は平家方の武将山鹿氏の家臣で、平家滅亡と供に山鹿氏も滅び、同時に天野氏も滅びました。

現在、この周辺に住む天野さんは、この天野氏の末裔が多いようです。
また、その一族として、三浦姓があります。

高崎姓も目立ちます。旧小石村の代々の庄屋役を務めた家がこの高崎家です。
この高崎氏は、播州高崎の郷士であったのですが、黒田氏とともに豊前中津に移り、長政の筑前拝領の際に、ともに筑前に来たとあります。
その第五世が正次郎勝重といい、小石村庄屋となり、その子孫も代々庄屋役を勤めたとされています。

藤木地区の代々の庄屋役を務めていたのが、副田氏です。この副田姓は、もともと県内の田川郡の有力豪族であった添田氏であったとされています。
庄屋となった初代助右衛門から彦八→清八→次郎平→三郎八→久右衛門→太八郎→太治平→二三太と続き幕末を迎えます。(若松市史より)

芦屋町側に近い小竹地区の代々の庄屋家が香山氏です。
初代権右衛門が慶長7年(1602)に庄屋となってより、彌吉→彌次郎→文五郎→彌吉→彌吉と続きます。

ちょっと珍しい苗字が貝掛氏。北九州市内に10軒あり、その内の半数の5軒が若松区内にあります。
この貝掛姓の祖貝掛吉良兵衛秀春(本姓藪内氏)は、泉州(大阪府の南部)日根郡貝掛村の産で、若松の太閤水という地に石工として住み、貝掛氏を称したとされています。

同区の中心部にある石井氏には、播州石井郷の郷士石井孫兵衛尉昌則を祖とする流れの家があります。秀吉の九州征伐に従って、豊前中津(大分県)に止まった後、領主黒田長政の筑前入部に際し、その子正兵衛則重が若松に移住してきました。代々黒田藩の御船手を務めて幕末を迎えました。

岩屋海岸に面した有毛地区には本田姓が目立ちますが、この地区の浦庄屋家を務めていました。本田文書として、慶長期より明治期におよぶ記録が残されています。




北九州市小倉南区

小倉南区の南端、田川郡寄りに鱒淵ダムがあります。その地域を頂吉(かぐめよし)といいますが、ダムがあるくらいですから、ここが100万都市かというくらいの山に囲まれた地域です。

この周辺を昔は中谷と呼んでいましたが、平家の落人の末裔と称する家が6軒あり、地元では「六軒屋」と呼ばれていました。確かに、落人が隠れ潜む場所として選ぶだけの山奥ではあります。

平家の落人の6人とは・・・白石助三郎・河内小平・松村孫作・落合六郎・宮田四郎・豊島治郎太夫と記録されています。

その内、松村氏だけが頂吉に住み、宮田氏が筍で有名な合馬(おうま)に移住、その他の4人が頂吉の隣の道原に住んでいます。

現在も頂吉に松村姓が3軒あり、その墓碑には「先祖松村孫作が寿永4年壇ノ浦より頂吉に潜居し・・・」と彫られています。

また、その「六軒屋」とは別に、さらに頂吉の上部(旧上頂吉)の旧家で、庄屋役も務めていた中村家にも平家の落人伝説が残されています。この中村家は、ダム建設時にこの地を離れておられます。

・・・つづく

北九州市八幡西区

八幡西区(一部八幡東区も)一帯に旧黒崎城主井上周防之房の旧臣の子孫と思われる姓が散見されます。

井上周防之房とは黒田二十四騎の一人であり、黒田氏の福岡入部の際に築城された筑前六端城の一つである黒崎城(別名道伯城)の城主でありました。

元和元年(1615)の「一国一城令」により黒崎城は惜しくも破棄されてしまいますが、井上氏は同区の陣ノ原に屋敷を構え、家臣達もその周辺を中心とした西区や東区及び中間市一帯に居住しています。

当時の家臣名を「筑前吉木旧記」によって書き出すと・・・

大村六兵衛・原田百助・同専右衛門・岡田作兵衛・井上八兵衛・同権右衛門・中西四郎兵衛・野依忠右衛門・岡村七郎兵衛・疋田小平太・同小三太・大野五郎太夫・同勘右衛門・同十左衛門・同左馬右衛門・上月藤左衛門・川越瀬兵衛・富田仁左衛門・高橋八郎左衛門・久芳与三左衛門・長瀬五郎右衛門・篠川弥吉・三輪左近右衛門・島津惣兵衛・梶原次郎兵衛・・・らの名前が挙げられます。

しかし、承応年間に起こったいわゆる「井上崩れ」によって、井上氏一族は福岡の地を追われ、その家臣達の多くもそれぞれの領地やその周辺で帰農してしまいます。

彼らの中には、江戸期を通じてその地の庄屋などの村役を勤めて現在に至っている家も少なくありません。

八幡東区や遠賀郡鞍手町の井上氏、折尾の疋田氏、陣原の末松氏、上津役の島津氏、中間市の梶原氏、遠賀郡岡垣町の三輪氏・梅野氏などです。

下上津役地区に多い大和氏は、江戸初期から大庄屋を出している旧家です。
大和藤市→惣左衛門→惣四郎と三代に亘って大庄屋となっていますが、その後は旧下上津役村の庄屋を務めています。

上上津役の小野氏は、江戸期には庄屋や組頭などの村役を務め、明治初期には戸長を務めた家とのことで、福岡市立図書館には伝来の文書が所蔵されています。

陣原地区には12軒の末松姓が集まっています。上記の井上氏の旧臣です。この末松氏は宇田源氏佐々木氏流で、播州末松村に住んだことから末松氏を称しています。
茂兵衛秀胤が姫路時代の黒田家重臣の井上周防に仕えます。黒田家が福岡藩に移封となり、井上氏が黒崎城主となった時、陣原に居を構え、井上崩れの後にそのまま陣原に帰農しています。旧陣原村の庄屋を代々務めており、寛政〜文化年間には末松文九郎が大庄屋となっています。

同区南部の香月地区は、当サイト管理者である私の出身地でありますが、ここは古くは香月荘といい、香月氏(勝木氏)という土豪が支配していました。

この香月氏は、平家方の水軍の将であった山鹿氏の流れですが、江戸期には小倉藩の大庄屋をつとめています。

現在、香月姓は北九州市内で222軒もありますが、その内八幡西区内に約64%の143軒が集中しています。(電話帳調べ)

また、この香月地区には、千々和敷田姓が多いのも特徴です。

この千々和姓を始め、八幡西区南部に多い古川小峯馬場山などの姓は、香月氏の一族とされています。



行橋市

行橋市の今井地区にある須佐神社(今井祇園社)というのは、鎌倉中期の建長7年(1255)に、京都の八坂神社を勧請して建立されたものとされています。

その勧請に際して、地元の六家が中心的役割を果たしたとされており、その六家を「六党」とか「六頭」と称しています。

その六党が、福島・村上・辻・末次・守田・庄野の六氏です。

現在も、この地域に多くの子孫が繁栄しています。

この六党筆頭の福島氏の由来については、「本姓大内氏にして、大内正恒十三代貞弘の曾孫宗房が建久三年(1192)に初めて豊前地頭職となり、この地に住す」とあります。

また、村上氏(現今居氏)は瀬戸内海軍の村上氏の一流とされています。

辻氏は、戦国期に周防国山口に移住したといわれていますが、現在でも石工の一族である辻氏が市内の沓尾地区に住んでおられるようです。

みやこ町

我有という珍しい苗字があります。電話帳調べで、全国で31軒中、福岡県に28軒ですので、ほぼ福岡県の苗字と考えて良いでしょう。その内、15軒がみやこ町の犀川地区に集中しており、さらにその周辺の行橋市や苅田町に分布しています。
 豊津藩(小倉藩)の切米名簿に我有直次郎・我有伴蔵という下士が出てきますが、小倉藩は慶應2年の対長州戦の敗北で、明治2年には豊津(現、みやこ町)の地に藩庁を移し、藩士も同地周辺に移住していますので、その子孫の方々ではないかと思われます。

中間市

中間市には小田氏が49軒(電話帳調べ)と目立ちますが、上底井野には、江戸時代末期に『東路日記』を記した小田宅子(おだいえこ)の実家があります。小田家は江戸時代には両替商を営む豪商で、屋号を小松屋と称していました。小田宅子は、この小田家の家付き娘で、俳優高倉健(本名:小田剛一)さんの5代前のご先祖だと聞いています。

旧黒崎城主井上周防之房の旧臣梶原氏は、この中間市に領地を持っていましたが、井上崩れの後に当地に帰農したようです。市内には33軒の梶原氏がありますが、今もその流れの家があるようです。

つづく・・・

遠賀郡遠賀町

遠賀町の広渡地区で目立つのが柴田姓です。
松ノ元のお堂と呼ばれる場所には、この柴田姓ばかりの墓地があります。この墓地は、江戸時代の元号が彫られた古い墓が多く、全て柴田の苗字が見受けられます。

同地区にある広渡八剣神社の手水盥には「万延元年九月願主保正柴田惣蔵」という文字があります。保正とは庄屋のことですから、この柴田氏は、当時の広渡村の庄屋だったことが分かります。文政五年の古文書にも「保正柴田源六直政」という記述がありました。柴田家は、代々庄屋の家だったのかも知れません。

ただ、八幡東区や福津市の方にも旧庄屋家だった柴田氏があります。同じ流れだったのか興味があるのですが、今後調べてみたいと思っております。

また、遠賀町の今古賀というところも柴田姓の密度が高い地区です。
同地区の民家が建ち並ぶ奥にも、柴田姓だけの墓地があり、江戸期の古い墓石が多く並んでいます。

ここにも八剣神社があり、最も古い享保十三年の石灯篭に柴田伊平・柴田嘉一郎・柴田政七と彫られていました。その後の時代のものにも、柴田姓のオンパレードで、いかにこの地域に柴田氏が力を持っていたかが想像できます。

今古賀という地については、「柴田次左エ門 林惣右エ門の碑」に、漢文調でその開拓の歴史が刻まれています。江戸の初期である元和八年に開拓とありますので、比較的新しい村であったことが分かります。その開拓に携わったのが柴田氏ということになるのでしょう。

同町の鬼津地区には、井口姓が集中しています。
この井口氏は、宗像氏の家臣河津氏より出づるといい、天正13年の宗像氏着到状の遠賀庄衆の中に井野口主殿助とあり、これを祖としています。

江戸期に入り、又七(庄屋)→小七庄屋)→太郎右衛門(大庄屋)→彦五郎(庄屋)→宗藤(庄屋)→茂吉(庄屋)→彦五郎(組頭)と続き、明治を迎えます。(井口家年暦算より)

別府地区には「占部先生之碑」というものがありますが、これによると別府の占部氏は代々高倉神社(岡垣町)の祝職であり、地元の今泉神社の宮司でもあったようです。また、幕末にはこの神社にて私塾を開いていたと記録されています。旧別府村の庄屋でもあったのかなと思いましたが、今泉神社の狛犬の台座(下記画像)には、万延二年(1861)の大庄屋と庄屋がそれぞれ、仰木氏と江藤氏となっていますので、少なくてもその時代は違うのでしょう。

確かこの占部氏は、宗像大社の大宮司宗像氏の重臣であった占部氏直系の本拠地である旧上八村(宗像市上八)が発祥だったという記録を読んだ記憶がありますが、間違いでしたらご指摘ください。

CIMG2194.jpg CIMG2192.jpg


浅木地区には11軒の一田氏が集中しています。一田氏は、代々堀川受持(堀川庄屋)を勤めた家です。
一田久作が黒田藩の命を受け、寛延4年(1751)から宝暦12年(1762)にかけて堀川の開削工事を行い成功。堀川受持ちに任ぜられてから、代々同役を勤め、寛政〜文化年間には一田与市→平蔵の二代が大庄屋を務めています

虫生津地区には毛利姓が多いのですが、この毛利氏は安永〜文化年間に毛利与兵衛→喜八(善次)→曽八と三代に亘り大庄屋を出し、明治初年にも毛利与八郎が最後の大庄屋を出しています。


遠賀郡岡垣町

私の地元の岡垣町には、全国でもこの町にしか存在しないという極めて稀な熊鰐(クマワニ)という苗字があります。町内の三吉地区に西円寺(浄土真宗西本願寺派)という寺がありますが、そのご住職と近隣の2軒の計3軒だけが国内の全てということです。

この熊鰐姓は、日本書紀に「岡県主」(おかのあがたぬし)の祖として登場しています。

岡の県とは、遠賀郡芦屋町付近とされ、その町を流れる遠賀川の河口を「岡水門」(おかのみなと)といわれていました。県主とは大和朝廷の官職名です。

結局、芦屋町の遠賀川一帯を治めていた古代の豪族の末裔ということになるのでしょう。

ちなみに、西円寺の現ご住職が93代目ということです。とても歴史の長い苗字ですね。

また、三吉の野中氏は、山陰の雄尼子氏の家臣筋の子孫という。

同地の三輪氏は、黒田氏の重臣で黒崎城主だった井上周防之房の姉婿の家系です。鐘崎屋の屋号で造酒屋を営む、この地域一の素封家でした。

吉木地区を中心に26軒が確認される門司氏は、同地の岡城の城主だった麻生氏に仕えていた北畠隼人を祖とします。
永禄2年(1559)、麻生隆守が守っていた岡城を大友方の瓜生貞延が攻め落としますが、この合戦で北畠隼人が討死。その子の宗関は、北畠の名を隠すため母方の姓である門司氏を名乗ったとのこと。宗関には4人の男子がおり、彼らの後裔が現在の吉木の門司姓の家々に繋がります。

黒山地区の梅野氏は、井上周防の家臣で黒山地区250石を治めていた梅野土佐を祖とします。

手野地区の竹井氏は、宗像氏の重臣竹井伊豆守の裔。同地区の大国神社にある弥栄神社は、伊豆守を祀っています。

野間地区の氏は、祖の味木(うまき)小次郎、四郎次郎父子が大坂の陣以後に当地に下って帰農。定住した土地の地名である辻を称したとのこと。

私がたまたま道に迷い込んだところが、上畑という地区。
周囲を山に囲まれた小盆地といった地域ですが、ここの住民のほとんどが神谷または神屋姓(どちらも「こうや」さん)です。

狭い地域に30軒は集まっているようですが、まさしく、「こうや」さんのための盆地といった感じです。なにか謂われがあるのかなと思うのですが、今のところ分かっていません。
ただ、宗像氏の家臣に神屋姓がありますし、上畑の地が宗像氏の居城跡”城山の裏手にあることから、おそらく宗像氏の旧臣だったのかと思っています。

宗像市

宗像市には、宗像大社の大宮司であり且つ戦国末期まで当地の支配者であった宗像氏の一族や家臣だった苗字の家が多く分布しています。

天正13年の『宗像大宮司分限帳』で確認される苗字中、現在でも多く見られるものを挙げると、深田氏・許斐氏・占部氏・吉田氏・日並氏・力丸氏・安部氏・石松氏・神谷氏・高山氏・高向氏・豊福氏・柴田氏・花田氏などが挙げられます。

宗像大社の周辺に多く見かけられる深田氏は、宗像氏の庶流であり、宗像氏69代の氏国の二男氏俊が初めて深田氏を名乗ったとされています。近世、宗像氏嫡流の断絶後、この深田氏が後を継いでいます。

許斐氏の祖は、いくつかの説がありますが、許斐山城の現地案内板によると、宗像氏15代宗像氏平が姓を許斐と改め・・・とあります。深田氏と同様、宗像氏の庶流として多くの一族を生んだようで、市内以外にも多くの許斐姓が分布しています。

上八地区(こうじょう)には占部姓の家がとても目立ちます。この上八地区にある承福寺は、文明2年(1470)宗像氏家老占部越前守平安延が再興したものですが、上八地区が宗像氏断絶後江戸期を通じて占部氏が集中して居住していたことも、何らかの関係があるのかも知れません。
この占部氏は、旧上八村の庄屋を務めていますし、宝暦3年(1752)には占部太郎次秀勝が旧渡村(福津市)に入庄屋格となり、酒造や醤油醸造業で有名だった和泉屋という屋号を名乗っています。

安部氏は、旧池田村の庄屋を務めていますし、石松氏は大庄屋であったようです。

ところで、この石松氏は、清和源氏斯波氏を祖とすると云われています。
尾張の斯波義達が駿河の今川氏との戦いに敗れて九州に落ち、赤馬庄石松浦に居住。
その子義佐が宗像氏の家臣となり、義佐の3人の男子から初めて石松氏を称したとされています。

また、市内に多く見られる日南氏は、日並氏が転じたものでしょうか。

福津市

津屋崎海岸近くの渡地区の調査をしていた時に見つけた共同墓地を覗いてみると、柴田氏の専用墓地かと思われるくらいに柴田姓の墓ばかりが建てられていました。
後で調べてみますと、ここ旧渡村の庄屋が柴田氏であったようです。

遠賀町の広渡地区でも、同様に柴田氏一族専用かと思われるような共同墓地があり、やはり柴田氏が庄屋を務めていましたし、八幡東区にも同じような地区があったのを思い出しました。

これらの柴田氏はたまたま偶然なのか、同じ源であったのか・・・今後調べてみたいと思っているところです。

ところで、宝暦三年(1752)に宗像郡上八村(現宗像市)から入庄屋格として移住してきたのが占部太郎次秀勝です。彼の孫である占部太平興光が、渡庄屋である柴田家が経営していた酒造業を受け継ぎ、「和泉屋」を名乗ります。

この和泉屋は、後に和泉屋本家と和泉屋分家と分かれます。本家は醤油醸造、分家は酒造業や薬種ハゼを原料とした絞蝋業などを営み、それぞれ優れた醤油や銘酒を生産していきます。

旧津屋崎町の佐治氏は、もともと近江国の出身です。黒田長政の下で関ケ原合戦に手柄を立てたことで、黒田家は福岡入部とともに300石で召抱えようとしたところ、武士になることを断り、その代わりに津屋崎で酒造の許可を頂くよう願い出て、2代目徳左衛門の代にその許可を得ました。屋号を「紅粉屋」と称し、明治初年まで200年以上続いたとか。
この地域の佐治氏はその子孫の方々ということです。

宮若市

宮若市の高野には、江戸期に代々医師を家業とし、幕末には福岡藩の藩医となった武谷氏がいます。初代の元栄は諱を徳明といい、江戸中期に現在の小竹町御徳から高野に移住して来ています。祖先は、戦国大名杉氏家臣の武谷大炊助波明であり、その6世孫が高野初代の元栄です。

鞍手郡鞍手町

栗田氏は、足利尊氏に従って九州に下向した伝承が残っており、近世以降、福岡藩領に属し村の組頭役、入庄屋役を勤めています。

井上氏は、黒崎城主井上周防の一族の裔といわれ、いわゆる井上崩れで帰農し、以後庄屋役などを勤めています。

田川郡糸田町

糸田町には、長副姓を多く見かけます。

この長副姓は、全国の姓の7万番目にも入らないほどの稀な姓ですが、人口約1万人程度のこの町内に18軒(電話帳調べ)もの同姓が存在します。

周辺の比較的大きな都市、田川市1軒・飯塚市2軒・直方市2軒と比較しても、糸田氏の長副姓の突出が分かります。

この姓の由来は、戦国末期の永禄4年(1561)に遡ります。

この筑豊地域の要衝でとして「香春城」という城があります(青春の門で必ず出てくる山の頂上にあった)。
この永禄4年当時の城主が中国地方の大名である毛利氏の属将原田五郎義種でしたが、毛利氏の宿敵豊後の大友氏の軍勢3万人に攻められ、落城してしまいます。

この時、自決した城主の次男長副蔵之助廣種という者がこの糸田の大熊村という地に落ち延び、農民となり開拓していったと伝えられています。

現在、この地にある長副姓はその子孫の方々とされているのです。


田川郡福智町

福智町は、平成18年3月に、旧赤池町・方城町・金田町の3町が合併してできた町です。

この旧方城町の特に弁城地区では、永末氏が目立ちます。この地区の山の斜面に沿った墓地は、ほとんど永末姓のための墓地かと思われるほどです。

残念ながら、永末氏の由緒は分かりませんが、明治10年の「弁城村県税課税者諸職業調」という文書を見ると、19軒の永末氏中、大工職9軒・木挽職6軒・屋根葺職1軒・桶屋1軒・紙漉職1軒・諸品触売1軒と記録されています。

また、江戸期の墓石にも永末の苗字が残されていることから、明治新姓ではないのでしょうが、どのような謂れがあるのか知りたいところです。

平成19年11月21日追加
金田手永の大庄屋であった六角氏の文書中に、永末氏についての記述を見つけました。

永禄4年(1561)、田川郡の要衝香春城が大友氏の軍勢に攻められ落城し、城主原田五郎義種は自刃。その時、家臣であった永末氏が帰農したという趣旨の文書です。
CIMG4301.JPG


原田氏といえば、九州の大族大蔵氏の流れを汲む名族。その家臣が落武者として住み着いたということでしょうか。

一方、伊方地区の丸山という集落では、原田姓が狭い地域に40軒以上も集中しています。地元の方の言伝えによると、香春城の原田氏の流れであるとのこと。

旧畑村の開拓者であり、当村代々の庄屋であった、皆川氏の前姓は、藤原秀郷流の長沼氏です。群馬県芳賀郡長沼荘を知行していたことから長沼氏を称し、鎌倉幕府の要職にありました。長沼宗員の時、長沼本家を弟宗泰に譲り、皆川荘を知行して皆川氏を称します。征西将軍懐良親王の九州入りに同行し、菊池氏とともに南朝側武将として活躍するも、菊池氏滅亡によって肥後を去り、田川郡に移り住んだと言われています。

また、草場地区の日高氏は、代々旧草場村の庄屋を務めていた家ですが、この日高氏は、もともとは紀州(和歌山県)の日高城城主。織田信長の本願寺攻めの時、日高甚八郎次直が本願寺側に加担したため、信長に攻められて芸州小早川家に逃れ小早川氏の家臣となります。その後、秀吉の島津征伐に際し、小早川氏が先鋒となりますので、それに従い岩屋城攻防に参加。島津氏に討たれます。この次直の嫡子が日高雅楽佐番直で、初めて草場に移り、初代庄屋となり、その子孫が現在に至っています。

旧金田町には、江戸期を通じて大庄屋となっていた六角氏があります。
この六角氏の由緒について、幕末の当主六角泰機が慶応2年の第二次長州征討での出陣日記に、以下のように書いています。
「宇多源氏佐々木源三郎秀義の嫡流、同若狭守種清之長子、副田雅楽頭種光六代之孫福田舎久、島原陣の役に従って戦功あり。舎久十代之孫金田泰機」・・・六角氏は、近江の佐々木六角氏の流れを汲むということのようです。

同じく旧金田町の荒巻氏は、菊池一族で菊池氏が豊前国へ進出した当時残留し、その後この地に定着したと言われています。

朝倉市

朝倉市の旧城下町である秋月地区の坂口氏の祖先は、近江の名族六角氏です。永禄11年の織田信長の上洛戦で討死した佐々木六角弾正の次男岩丸が秋月に落ち延び、当時の秋月の領主である秋月種実より土地を賜わった。その土地が八丁坂への登り口にあたり、坂ノ口と呼ばれていたことから坂口氏を称したとのこと。江戸期には、18世紀中頃まで秋月町の年行司役を勤めた。

遠藤氏の祖先も同じく近江発祥。戦国大名浅井長政の家臣で、浅井家滅亡後浪人となって九州に下り、甘木四日町に帰農。その後、酒造・質屋を営んで成功し、元禄6年に秋月に移住。江戸初期から秋月町の年行司であった末次氏・坂口氏に取って替わり、幕末まで年行司役を勤めた。

このように、秋月城下を代表し、年行司役を勤めた坂口氏も遠藤氏も同じ近江から戦に負けて下ってきた一族であったわけです。

また、小山田氏は、甲州武田氏の重臣小山田備中守昌辰の子新左衞門昌信を祖とします。父昌辰が天正10年高遠城にて討死し、武田家滅亡後に昌信が浪人。その後、秋月種実に仕えたとされています。

うきは市

旧吉井町の屋形地区に多い西見姓は、崇徳上皇の皇子篤仁王を祖とします。保元の乱に敗れて讃岐に流された崇徳上皇の皇子篤仁王が剃髪して僧となり、耳納山に西見寺を建立。その子の永仁が父の寺号から西見を姓とし、西見庄一郎永邦と称します。これが西見氏初代とのこと。

國武氏は、筑後国生葉郡妙見城を本拠とした星野氏の庶流。星野氏は天正14(1586)年、九州北上を企てる島津氏に属して高鳥居城(現、粕屋郡須恵町)を守備したが、立花城の立花統虎に攻められ、戦死。國武氏は星野氏嫡流の没落後帰農し、江戸期においては同郡妹川村(現、うきは市浮羽町妹川)の庄屋を代々務めています。

柳川市

平家の落人といえば奥深い山中というイメージが強いのですが、柳川の海に面した沖端地区(旧矢留村)には、六騎の平家武者が落ち延びたという伝説があります。
難波善良・加藤殿内・浦川秀左衛門・鳴神藤助・是永多七・若宮兵七の六騎です。
現在でも彼らの末裔の方々がこの地に住んでおられます。

下宮永に多い山田氏は、伊予の名族越智玉興の12世山田美濃守興友の後裔と伝えられています。伊予から豊後の大友氏に仕え、大友氏改易後に筑前国朝日村に移り、最終的に現在の下宮永に移住。江戸期を通じて下宮永村の庄屋を務め、城中の下役に就いたりして明治を迎えています。

皿垣地区周辺には大津姓が多いのですが、この地区の八幡社の鳥居(天保2年)に皿垣村庄屋大津何某という文字が彫られていました。庄屋家だったということですね。本姓は藤原氏のようです。

元稲荷町の横山家は、代々柳川藩の御用船大工を務めた家。もともとは、紀州で高瀬舟を作っていたが、立花宗茂に召し出されて柳川にやってきたと伝えられています。

北徳益地区は、なんと8割近くが横山氏。隣の南徳益地区になると横山氏はほとんど見られないことから、この地区の苗字かと思われます。家紋は全て同じではなく、少なくても2種類あるようですが、ここの横山氏の由来が分かりません。どなたかご存じの方がおられれば、ご教示下さい。